アライブ不動産 株式会社 > アライブ不動産 株式会社 のスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンの収入合算とは?ペアローンとの違いも合わせて解説

住宅ローンの収入合算とは?ペアローンとの違いも合わせて解説

≪ 前へ|狭小地の不動産は売れない!?狭小地でもスムーズに売却できる方法を伝授!   記事一覧   ご見学希望の時間に関して|次へ ≫

住宅ローンの収入合算とは?ペアローンとの違いも合わせて解説

住宅ローンの収入合算とは?ペアローンとの違いも合わせて解説

あと少し住宅ローンの借入金額を増やせれば憧れのマイホームが手に入るとき、なにか方法はないのかと考える人も多いでしょう。
パートナーにも定期収入がある場合には、収入合算で住宅ローンの総額を引き上げられます。
今回は住宅ローンの収入合算についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンの収入合算とは?メリットとデメリットを解説

住宅ローンは通常、収入の柱となる家族の返済能力に合わせて借入金額が決まり、単独で負担するのが一般的です。
しかし、一人の収入だけでは希望の物件の金額に届かないときに、夫婦や親子の収入を計算に入れる収入合算の方法で借入金額を増やせます。
収入合算をする際のメリットを見ていきましょう。

よりよい物件に住める

借入金額が増えるので、希望の物件に住める可能性が高まります。

住宅ローン控除額が上がる

借入金額が増えるぶん、控除額も増えて節税につながります。

非正規雇用でも対象となる

パートや契約社員は審査にとおりにくいですが、収入合算なら加われます。
一方で、デメリットも多くあるのでご紹介します。

連帯保証人にならなければならない

収入合算の相手は連帯保証人になるのが条件のため、ローンの名義人が返済できなくなった場合にローン全体の返済義務が生じます。

収入合算者が死亡してもローン免除にならない

団体信用生命保険に加入するのはローン名義人のみで、収入合算者が死亡した場合はローン免除にならないので注意しましょう。

離婚時のトラブルになりやすい

収入合算して手に入れたマイホームは、離婚の際に揉めることが多くなります。
離婚が原因で連帯保証人をやめることは難しいので、ローンを借り換える必要があるでしょう。

住宅ローンの収入合算で知っておきたいペアローンとの違いとは?

収入合算と合わせておさえておきたい方法としてペアローンがあります。
ペアローンは、共働きの家庭などがそれぞれで単独のローンを組む方法です。
夫婦の収入に大きな違いがない場合は、住宅ローン控除を各々で受けられるため節税効果が大きくなります。
ペアローンでは夫婦それぞれがお互いの連帯保証人になり、団体信用保険も各々で加入します。
ありがちなトラブルは、片方が育児などで復職できない場合に返済が難しくなることでしょう。
将来的に子どもを育てたいと考える家庭は、安易に利用するのは控えたほうがいいかもしれません。
収入合算もペアローンも借入金額を増やせるメリットはありますが、将来的なリスクを考えると慎重な判断が求められます。
借入金額が増えると利息も増え、万が一どちらかが働けなくなってしまうとデメリットが大きいからです。
ローンを増やす前に親族から頭金を借りられないか、身の丈に合った物件で満足できないかにも目を向けてみてもいいでしょう。

まとめ

収入合算やペアローンは、希望の物件をなんとしても手に入れたい場合に利用できる方法です。
とはいえ、利用にはデメリットもあるので、将来的なリスクも踏まえて滞りなく返済できるかを慎重に判断するといいでしょう。
この記事を参考に無理のない住宅ローンを組んで、長く楽しく暮らせる住まいを手に入れてください。
私たちアライブ不動産株式会社は、新築戸建て物件を数多く取り扱っております。
売却査定も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|狭小地の不動産は売れない!?狭小地でもスムーズに売却できる方法を伝授!   記事一覧   ご見学希望の時間に関して|次へ ≫
  • 不動産売却専用サイトはコチラ!
  • 更新情報

    2022-09-20

    ウッドショックによる建築資材高騰につき、お客様が少しでもお求めやすく頂けますよう、当面の間、弊社では新築仲介手数料を無料・0円とさせて頂きます

    2022-09-01

    LINE始めました!

    友だち追加

    2021-08-24
    【不動産仲介・買取強化中!】

    不動産売却は何でもご相談を!現在、不動産買取強化中です。ご相談のみも可能です。悩んでいる方は是非ご連絡を。

    【買取時のご相談内容】

    ○物件をすぐに現金化したい。○自宅売却するのに、できるだけ知られたくない○離婚で自宅が不要になったが、資産整理が面倒○相続した物件を売却して分配したい○敷地が広すぎるが売却できるか○新型コロナウイルスによる経済影響を理由に他社から断られた等


    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • スタッフブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    アライブ不動産 株式会社
    • 〒370-3103
    • 群馬県高崎市箕郷町下芝726-3
    • TEL/027-395-0517
    • FAX/027-395-0519
    • 群馬県知事 (2) 第007525号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る