アライブ不動産 株式会社 > アライブ不動産 株式会社 のスタッフブログ記事一覧 > 家を売却しても引っ越す必要なし?リースバックの概要やメリット・デメリット

家を売却しても引っ越す必要なし?リースバックの概要やメリット・デメリット

≪ 前へ|「木造の建物構造が暮らしにくい」はもう古い?メリットや魅力を紹介します   記事一覧   なにかがいます|次へ ≫

家を売却しても引っ越す必要なし?リースバックの概要やメリット・デメリット

カテゴリ:不動産関係

家を売却しても引っ越す必要なし?リースバックの概要やメリット・デメリット

従来は「家を売却すればその家に住み続けることはできず、引っ越ししなければいけないのは当たり前」でしたが、家を売却しても引っ越す必要がない「リースバック」という制度があるのをご存じでしょうか。
ここではリースバックの概要やメリットおよびデメリットを解説していきます!

弊社へのお問い合わせはこちら

家を売却しても引っ越さなくて良い!リースバックとはこんな制度

リースバックとは不動産の売却手法のひとつですが、単に「売却するだけ」ではありません。
「リースバック業者に家を売却し、その家での賃貸借契約を締結し、賃貸物件として住み続ける」という、引っ越し不要の制度なのです。
住宅ローンの残債があったとしても、売却代金で完済できる状態であれば問題なくリースバックが利用できますよ。
ちなみにリースバックと混同されがちな不動産活用法として「リバースモーゲージ」というものがありますが、リバースモーゲージは家を売却するのではなく「家を担保にして融資金を受け取る」という仕組みで、リースバックとは根本的な制度の違いがあります。

一般的な家の売却と比較してのリースバックのメリットとは?

一般的な家の売却と比較して、リースバックにどんなメリットがあるかというと…やはり「今まで住んできた家にそのまま住み続けることができる」というのが大きいでしょう。
しかも「売却代金としてまとまったお金が手元に来る」というメリットも得られるうえに、近隣の方には家の売却をしたことすら気付かれません。
あと、リースバック後は家賃を支払っての賃貸生活となりますが「賃貸物件扱いだからこそ、固定資産税や都市計画税、リフォーム費などの維持費について考える必要がない」というのもメリットといえます。

一般的な家の売却と比較してのリースバックのデメリットとは?

一般的な家の売却と比較して、リースバックには「売却価格」に関する大きなデメリットがあります。
どういうデメリットかというと…リースバックによる売却価格は、一般的な不動産売却の相場よりもやや安くなってしまうのです。
リースバックのデメリットは他にも「賃貸物件扱いとなるのでリフォームや修繕を勝手にやるのはNG」「リースバックの賃貸借契約は大半が定期借家契約なので、再契約ができないかぎり契約期間が終われば退去するしかない」というのが挙げられます。
とくに気を付けたいのは「再契約できなければ契約期間満了で退去」というデメリットですね。
リースバックは「今まで住んできた家に住み続けられる」といっても、永遠に住み続けることができるというわけではないことを理解しておきましょう。

まとめ

家を売却して、その家で賃貸借契約を結んで住み続けるリースバックには大きなメリットだけでなく大きなデメリットもあります。
一般的な不動産売却との比較も慎重にしたうえで、リースバックを選ぶかどうかを考えていきましょう。
私たちアライブ不動産株式会社は、高崎市を中心に土地情報を多数取り扱っております。
売却査定も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|「木造の建物構造が暮らしにくい」はもう古い?メリットや魅力を紹介します   記事一覧   なにかがいます|次へ ≫
  • 不動産売却専用サイトはコチラ!
  • 更新情報

    2022-09-20

    ウッドショックによる建築資材高騰につき、お客様が少しでもお求めやすく頂けますよう、当面の間、弊社では新築仲介手数料を無料・0円とさせて頂きます

    2022-09-01

    LINE始めました!

    友だち追加

    2021-08-24
    【不動産仲介・買取強化中!】

    不動産売却は何でもご相談を!現在、不動産買取強化中です。ご相談のみも可能です。悩んでいる方は是非ご連絡を。

    【買取時のご相談内容】

    ○物件をすぐに現金化したい。○自宅売却するのに、できるだけ知られたくない○離婚で自宅が不要になったが、資産整理が面倒○相続した物件を売却して分配したい○敷地が広すぎるが売却できるか○新型コロナウイルスによる経済影響を理由に他社から断られた等


    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • スタッフブログ
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    アライブ不動産 株式会社
    • 〒370-3103
    • 群馬県高崎市箕郷町下芝726-3
    • TEL/027-395-0517
    • FAX/027-395-0519
    • 群馬県知事 (2) 第007525号
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る